Blossoming Deen

Islam For Enlightenment

監視下の日本のイスラムコミュニティ Add Video

Japan's Muslim community under the supervision 【解説】昨年インターネットで流出した警視庁公安部外事3課の公安情報事件をイランのPress TVが報じた。 http://www.presstv.ir/detail/164440.html  日本は多くのことで知られる国である。そこには古代の伝統の日本と超モダンの日本がある。 しかし、日本にイスラム教徒が暮らし、信仰を実践している国でもあることを知る人は少ない。 日本の誰もイスラムコミュニティの住民に干渉しない一方で、直接の証拠が監視する者たち、すなわち警察に脚光を当てた。  この監視を行う巨大な警察官僚組織において、彼らは市民を守る機会を逃すべきではないと考えている。  数年間、それは顕在化した。日本の警察組織は、国外から来た人々や日本人イスラム教徒からなる日本在住イスラム教徒に関する詳細な情報を集めていた。  そして、イスラム教徒自身はに確かに監視気づいていた。  最近インターネットに漏洩された日本警察の内部文書に基づくこの本が大きな論議がもたらした。  警察の収集した情報は個々のイスラム教徒について詳細な個人情報を含んでいる。そして、それは米国政府と共有されている。  多くのオブザーバーは、これが本当に適切かどうか疑っている。 日本の尊敬されるアラブ学者である臼杵教授には、この問題について個人的思いがある。  イスラムフォビア(イスラム嫌悪)問題について考えるとき、思い浮かぶ最初の国は日本でないだろうが、この概念が東アジアのはるか東端の片隅にまでさえ入りこんだと思える。

Posted by JHR on November 19, 2011 at 1:42 PM 265 Views

Post a Comment

Oops!

Oops, you forgot something.

Oops!

The words you entered did not match the given text. Please try again.

Already a member? Sign In

0 Comments